<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
中華徳大(荻窪)
d0082483_203862.jpg
荻窪には2件の有名な中華料理店が。一つは、北京遊膳。もうひとつはこの中華徳大。どっちの料理ショウ出演などでチャーハンが有名。
ブログやクチコミ情報などで、ここのチャーハンを絶賛する人が多い。
店舗はよくあるくたびれた町の中華料理屋さん。しかしながら、ファンが多く、混雑時には店の前に行列が並ぶ。店内はカウンター席のみで食券制、食券機の横には新聞やマンガがつみかさなっているよくある中華料理店。
混雑時には、カウンター席後ろにも人が待つので、ゆっくりと食事を楽しむという感じではない。

■海老焼飯(スープつき)¥1,050+らんらんトッピング¥200
※2018/10/16追記
いつのまにか5年ぶりの中華徳大。
基準値を見直すためにプレーンに近いチャーハンを食べようかなと券売機の前で悩んでいると海老焼飯とか蟹焼飯とかチャーハンメニューがいくつか増えていることに気づく。
このクラスの店が新たなメニューを作らなくても余裕でやって行けそうなのに新メニュー。すげえ。
というところで券売機で海老焼飯を選択。さらに周りのお客につられ「らんらんトッピング」をオーダー。
プレーンなチャーハンを食べるつもりだったのに流されまくり。。
しばらく待っていると、運ばれてくる僕のらんらんトッピングされた海老焼飯。
このまえの中国飯店の五目炒飯がチャーハン界の女王であれば、中華徳大の海老焼飯は王様。ハンパない風格。
いつものように具材を書くと卵、海老、ネギ、グリーンピース以上。これだけの材料でこの風格。
米粒がしっかりとしつつも全体にふわっとまとめられコクのあるチャーハンに、軽く揚げられ味付けされた立派なプリップリの海老に、ふわっふっわのランラントッピング。この食感と風味のコントラストとハーモニー。感動。
このブログ史上初の10.0点とさせていただきます。

10.0点(10点満点中)
d0082483_14364440.jpg


■ほうれん草焼飯¥880(スープつき)※2013/8/22追記
4年ぶりに中華徳大に来た。
あいからずおじちゃんが鍋をふっていて嬉しい。
今回は、ほうれん草焼飯。
炒飯自体の具は、卵とほうれん草のみ。で上に甘辛い豚肉が乗っている。
このほうれん草の風味が感じられる炒飯にこの甘辛い豚肉の味のコントラストが絶妙。かなりうまし。
あいかわらず高いレベルで安定して嬉しいなー。

8.5点 (10点満点中)
d0082483_18423251.jpg


■らんらん焼飯¥760(スープつき)※2009/7/25追記
今日は、人気のらんらん炒飯をオーダー。
混雑していない時間帯に訪問したので、さくっと目の前でつくられてでてきた。
炒飯の上に、いかにもふわふわしたふっくらした卵がのっている。
卵がとても上手に調理されていて見た目がとても美味しそう。
炒飯自体は、ネギと卵だけでとてもシンプル。
うまいな〜。
ふっくらした甘みのある卵と美味しい炒飯とのコントラストがすばらしい。

8.0点 (10点満点中)
d0082483_20384713.jpg


■五目焼飯¥780(スープつき)
さすがチャーハンメニューは豊富、肉キムチ焼飯、かにあんかけ焼飯、ほうれん草焼飯、レタスかに焼飯、らんらん焼飯etc。やはり基本の五目焼飯をオーダー。
店主ひとりで料理を作っているので、混雑時は、待たされることを覚悟。
10~15分ほど待たされたかな。
具は、卵、チャーシュー、ハム、たまねぎ、ネギ、ピーマン。
絶賛の域までいかないものの、レベルの高いチャーハン。
味つけに関しても、オリジナリティが感じられおいしい。


店主ブログも見逃せない中華徳大のおやじ料理

8.0点 (10点満点中)
d0082483_14345719.jpg


■中華徳大(荻窪)
杉並区荻窪5-13-6
TEL:03-3393-2082
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:00
定休日:日曜・祝日

中華徳大中華料理 / 荻窪駅





by mituyasu_h | 2018-10-16 14:40 | 荻窪(JR) | Comments(8)
中国飯店 六本木店(六本木)

d0082483_17333229.jpg

六本木ヒルズ近くにある中国飯店 六本木店。
まず中国飯店系列には3つのカテゴリーがある。
LUXURY→富麗華etc
CLASSIC→中国飯店 三田店etc
CASUAL→潮夢来紫玉蘭etc
六本木店は、三田店と同じCLASSICに位置づけられる。
すべてのお客さんに気を配りスマートで洗練された接客の安心安定感はさすが。

■什錦炒飯 ¥1,000(スープ、小皿2品、デザート)
ランチタイムのチャーハンメニューは「五目炒飯」と「松の実のせ醤油味炒飯」
の2種。僕は五目炒飯をオーダー。しばらくするとスープや小皿とともに運ばれてきた。

中国飯店三田店で「五目炒飯」をオーダーすると、このようにたまり醤油を使っ
た黒い炒飯だったんだが、六本木店は見た目に美しい炒飯。店舗ごとに裁量権があるんだろうな。

具は、ネギ、卵、チャーシュー、ハム、グリーンピース。
具材はいずれも細かめに刻まれているのが特徴。
味も風味もやっぱり安心安定の中国飯店クオリティはさすがでぶれない。
またスープも小皿もデザートも手抜き感がまったくなくすばらしい。
こういう細かいところの気配りや積み重ねが中国飯店のファンを作っていくんだろうな。


8.5点(10点満点中)
d0082483_17333954.jpg

■中国飯店 六本木店(六本木)
東京都港区西麻布1-1-5 オリエンタルビル 1F・2F
TEL:03-3478-3828
営業時間:[月~土]11:00~15:00(L.O.14:00)17:00~翌4:00(L.O.翌3:00)
[日・祝]11:30~14:0017:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休

中国飯店 六本木店中華料理 / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅




by mituyasu_h | 2018-10-10 17:36 | 六本木(東京メトロ) | Comments(0)
徳記(元町・中華街駅)
==チャーハンニュース速報 2018.10.7==

d0082483_10055185.jpg

10月6日(土)発売の雑誌エル・グルメ11月号の「マニアだけが知っている!おいしい店の見分け方」のコラムを担当させていただきました。

==


d0082483_18190129.jpg

横浜中華街の路地にある徳記。
豚足そばと名物女将(気合の入った女将とか切れ味鋭い接客とか)で有名。
営業しているのかどうかよくわからないスリガラスのドアを勇気を出して開けて入ると早速女将から「傘は丸めてそこに置く!」と剣道でいう蹲踞の前に鋭く斬られ「噂通りやん」と心の中でニヤニヤ。
店内は予想以上に広いが、この女将の完全な支配下なのでさらに道場のように広く感じられる。

■什錦炒飯 ¥820
チャーハンメニューはこの1品。
具は、チャーシュー、ネギ、エビ、グリーンピース、卵。
細かく刻まれたチャーシューがいっぱい入っていて見た目にとても美味しそう。
口にするとアツアツで好感が持てると思った瞬間チャーシューを作るときに使われたと思われる八角の風味がほのかに口の中に広がる。
食感、味など、全体的にバランスが取れていて美味しいチャーハン。


8.0点(10点満点中)
d0082483_18191555.jpg

■徳記(元町・中華街駅)
神奈川県横浜市中区山下町166
TEL:045-681-3936
営業時間:[月・火・木・金]12:00~14:30(L.O.14:00) 17:40~20:45(L.O.20:00)
[土・日・祝]12:00~16:00(L.O.15:00) 17:40~20:45(L.O.20:00)
定休日:水曜

徳記中華料理 / 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅




by mituyasu_h | 2018-10-04 18:23 | 元町・中華街駅(みなとみらい) | Comments(0)