<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
東方飯店(田町)
d0082483_16242070.jpg

前々回の「中国飯店 三田店」のすぐとなりにある、東方飯店。ちなみにさらに隣には、「CHINA EXPRESS 杏花園」があり、中華率が異様に高いゾーン。お客はいつも結構入っている。お昼のランチメニューが魅力的なお店だ。

■五目炒飯¥840(スープ、杏仁豆腐つき)
五目炒飯のほかには、蟹肉入り炒飯。
今回は五目炒飯をオーダー。
結構お客が入っていたので、出されるまでに待たされた。
具は、海老、ネギ、チャーシュー、グリーンピース、卵。
彩りがとても綺麗で期待させる。
パラパラ感はなく、かっちりした炒飯。
油分多く、味付け、塩加減がとっても控えめというちょっと残念な炒飯。

6.0点(10点満点中)
d0082483_16243310.jpg


■東方飯店
港区芝5-1-12
TEL:03-5765-5058
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:無休

東方飯店
by mituyasu_h | 2006-12-26 02:23 | 田町(JR) | Comments(0)
新橋亭 本店(新橋)
d0082483_20212475.jpg

JR新橋駅から徒歩1,2分ほどか。新橋亭と書いてシンキョウテイと読むらしい。
2006年12月9日放送分のアド街ック天国にて第9位にランクイン。
昭和21年創業の老舗な北京料理店。歴史の重みを感じさせる落ち着いた感じの店舗。

■五目炒飯¥1200(スープ付き)
炒飯メニューは五目炒飯の1点のみ。
具は、卵、カニ、ホタテ、レタス、ネギ。
食べてまず感じるのが、カニ、ホタテからくる強い海鮮の風味。
2口目にはこの強い海鮮の風味がおいしく感じられる不思議な炒飯。

8.0点(10点満点中)
d0082483_20213522.jpg


■新橋亭 本店
港区新橋2-6-3
TEL:03-3580-7811
営業時間:[月~金] 11:00~23:00(L.O) [土・日・祝] 11:00~21:00(L.O)
定休日:無休

新橋亭 本店 (シンキョウテイ)

新橋亭 本店
by mituyasu_h | 2006-12-25 08:40 | 新橋(JR) | Comments(0)
中華飯店(田町)
d0082483_22153657.jpg

勤務先のもより駅が田町となり、田町、三田周辺を開拓中。
今回はJR田町の近く、地下鉄三田駅A3出口すぐの中華飯店。
ビル1F、2Fと、ドーンとそびえ立つ感じだが、なにもかもいたって一般的な中華料理屋。

■炒飯¥780(スープ、ザーサイ付き)
チャーハンメニューは1種のみとシンプル。迷うことなくオーダー。
ちょっと待たされる。中華料理屋さんでよく見るタイプのチャーハン。
具は、卵、ネギ、チャーシューとシンプル。量は多め。
油分多め、塩コショウが多め、味付け濃い目がしっかりのチャーハン。
悪くはないが、途中で飽きる感じ。

6.0点(10点満点中)
d0082483_22154777.jpg


■ 中華飯店
東京都港区芝5-27-11
TEL:03-3454-5984
営業時間:11:00~23:00
定休日:日曜日

中華飯店
by mituyasu_h | 2006-12-18 22:34 | 田町(JR) | Comments(0)
小龍(吉祥寺)
d0082483_11583999.jpg
焼小龍包で有名な吉祥寺の小龍。
駅からは、徒歩5分ほど。
いろいろな店がある中道通り沿いで店に着くまでそんなに遠く感じないはず。
店内は、上海のちいさなお店という雰囲気がする。2Fスペースがゆったりとしておすすめ。

■黒炒飯¥780(ランチメニュー:サラダ、スープ付き)
中国たまり醤油を使った黒炒飯。なぞですがおいしそう。
すごい黒い!具は、卵、ネギ、ニンジン。
どんな味なのかよとおそるおそる食べてみると、意外に意外見た目よりかなりあっさり。
しかしながら奥深いオリジナリティが感じられる味付け。
たまには、こういう異色な炒飯もいいかも。

7.5点(10点満点中)
d0082483_1159314.jpg


■小龍
武蔵野市吉祥寺本町2-18-2
TEL:0422-20-6181
営業時間:11:30〜22:00
定休日:木・第3水
小龍 (ショウロン)

小龍
by mituyasu_h | 2006-12-10 12:42 | 吉祥寺(JR) | Comments(4)